2013年02月24日

何のために働くのか

私たちキャリアコンサルタントは、いろいろな場所で「何のために働くのか」をテーマに話すことが多い。
ある人(仲間の経営者)が、生きるためと成長するため、と言っていたが目的と手段のことを
言っているのだろう。

日本の若者はそもそも社会と繋がりにくくなっている。
そのように大人が育てるから。親も社会を感じるように意識させていないから。

働くのはお金を稼ぐため、自立するため。ではお金を稼いでどうするのか、自立してどうするのか、
その大事な部分を考えさせていない。

あくまでも手段は手段である。目的をどこに持つのか。
そこに人の人である意味がある。

【幸せな人生とは(知人の言葉)】

1、仕事を楽しんでいる
2、いい仲間、いい家族がいる
3、経済的に安定している
4、精神的、肉体的に健康である
5、刺激のある趣味やライフスタイルを持っている
6、時間を自分でコントロールできると感じている
7、住む場所をしっかり選んでいる
8、いい考え方のクセを持っている
9、将来の見通しが立っている
10、ゴールに向かっている感覚を持つ