2011年12月20日

キャリア教育学会で

11月に東京であったキャリア教育学会第33回研究大会に参加してから、先日名古屋であっった学会の研究会にも参加して、改めてキャリア教育について考えている。
学会には進路指導学会の時からの先生方が多く、私のような新参者は欧米からきた新しいキャリアの概念を基にしている(というかそれしか知らない)
家庭の経済状態や偏差値に合わせて進路先を決定して、後は本人の成長と企業が定年まで育ててくれるというだけでない、大きい長い考え方だ。
キャリアの概念とは、根本は生きかたの概念で人がどう生きていくのか、働くのかを考える学問である。
つまりは勉強すればするほど哲学や宗教に近付いていく。
ということは欧米の枠組みの中で勉強を続けると必然的にキリスト教的考えに気づいていく。

最近思うのは、文科省だ、厚労省だ、経産省だとそれぞれがキャリア教育に自省の流れをつくろうとせず、もっと根っこの言葉を共通に持って欲しいなあということ。
日本には宗教と哲学と倫理が別個で存在するが、欧米では同じ感覚で使われている。
今、日本に足りないのは、人はなぜ存在するのか、どうあるべきかというその3つの合わさった概念ではないだろうか。
「世の為人の為」の人材教育が必要だと学会でも話題になる。
社会とのつながり、社会の中の役割についての小学校からの単刀直入のわかりやすい共通した教育がないので、この物質的に満ち足りた経験の場の少ない国内で、若者はなぜ働くのか、どう生きるのかの答えを見出しかねている。
人の幸せはそれぞれで、幸せな働き方もそれぞれだけど、その前に人としてどう生きるのかがなければ目標も定められない。

キャリア教育は、真剣にすれば様々な議論を生み出すパンドラの箱のようなものだと思う。
でも逃げてはいけないし、先送りもできない。
企業も地域も国も今の学校を中心とした人材教育に危機感を持っているのだから。

来年は私も偉そうに言うだけでなく実行の年にしていくつもりだ。
地域で先生方と一緒にできることはあるはず。NPOとしてもできることはあるはず。国内あちこちで立ちあがっている取り組みを三重で実現していきたい。

2011年11月16日

HPリニューアル

構想からずいぶん時間がたったがやっとアップできた。
時間をかける間に、コンテンツがどんどんシンプルになってきた。
最初はおしゃれな会社風にしようと考えていた。
(トップページにその名残が・・・・)
かっこ良く言うと、人と組織は同じところに留まらないということか。
ア・トリオが変化するのに伴って、私の個人の仕事も変容してきたということだろう。
個人でしていた仕事を仲間もできてどんどんトリオに移している。
キャリアフェイスは、私の講師やコンサルタントとしての個人的な仕事だけになってきた。


ただ法人と違うので自由度が高い。
理事会に諮らずとりあえず一人で決めて言っちゃうことができる。
ブログも理事長の立場がなく1人のキャリアコンサルタントとして書けるかと考えた。


リニューアルしたHP、私自身の個人サイトである。
facebookのように公私もっと言いたいこと書いていこう。
発信が大切だーと思っている。
皆さま今後ともよろしくお願いします。

2011年09月21日

幸福度の計測

 3日付の日経にまた幸福度について書かれていた。
経済政策の目標指標として使い勝手がいいのだろうか。

論旨の中心は「幸福」の経済学の発展の経緯だ。
物質的な豊かさとある程度相関があると考えていた時代。
いや所得は関係ないのでは?
その逆説を解くための
相対所得仮説と言われるもの(他と比較して感じるもの)
そして順応仮説(環境変化に慣れてしまう)
などなど。

で、阪大の大竹教授は最後に、客観的指標と主観的指標の双方を
うまく活用していくことが重要と書いてみえる。

人の幸福度は、生存欲求の満たされた今の日本では大変主観的なものになっているように
感じる。

そしてそれはキャリアの世界にも共通することである。
人は幸せになるためにがんばるのだろう、を前提として話すこともある
講師としては、もう十分幸せですから、と言われてしまうと、何のために
働くの?何のために学ぶの?を話すことが難しくなる。

仕事って大変だけど、やりがいあるし、成長するし、人生が充実するよ、と言っても、働かなくても食べていける人に納得させるのは難しい。

また逆に会社も個人もお金はいくらあっても満足することは無い。
もっともっとである。欲望にはきりがない。

国内総生産が今後、増えようが、減ろうが、国民の生活満足度が急激に下がり、このままでは
いやだ、と思う人の数が多くならない限り、国民の総意として新しい何かが始まり、
変革のクニになることはないだろう。

政府が幸福度とGDPの関連を何にどう使おうとしているのかわからないが
、何にしても今、私たちはどこにいて、どこに向かっているのか(ゴーギャンみたい)
の指針だけでも言って欲しい。
そうしたら、賢い国民は自立して備えていく人は備えるし、そうでない人はクニに対してもっと
コミットメントするのに。と私は思う。

幸福度なんてそれを利用する人の使い方だと思う。
それくらい主観的なものだ。